ミャンマー

地図

基本情報

(2015.3 掲載)
 ミャンマーは、1994年11月25日に生物多様性条約を批准し、2014年1月8日に名古屋議定書を批准した。ABS National Focal Pointの情報がABSクリアリング・ハウスに登録されている。
JBAでは、2003年に製品評価技術基盤機構(NITE)と共に、ミャンマーの現地調査を行い、翌2004年も合同ワークショップを現地で行うなどの活動を行っていたが、ミャンマーの国内情勢により、その後の活動は中止となっていた。
しかし、民主化後の2013年に、再びNITEとパテイン大学がMOUを締結するに至って、微生物に関しては2国間のアクセスルートが開通したと言える。

詳しくは、(一財)バイオインダストリー協会の機関誌「バイオサイエンスとインダストリー(B&I)」のVol.71、No.6、P562〜564に掲載されている安藤勝彦氏執筆「NITEのミャンマーにおける微生物探索」 を参照頂きたい。


CBD/ABS関連法令

(2015.3掲載)
  • Burma Forest Act (1902)
  • Wild Birds and Animal Protection Act (1912)
  • The Burma Wildlife Protection Act (1936)
  • The Protection of Wildlife, Wild Plants, and Conservation of Natural Areas Law (1994) (further strengthened the 1938 law)


その他情報

(2015.3 更新)

1.過去の調査、報告、2国間ワークショップ



JBA logo一般財団法人バイオインダストリー協会
    生物資源総合研究所
経済産業省の委託に基づいて、一般財団法人バイオインダストリー協会が作成いたしました
copyright © Ministry of Economy, Trade and Industry. all rights reserved.